京都南法律事務所 弁護士紹介

井関佳法 毛利崇 清洲真理 岩佐英夫 吉田眞佐子 杉山潔志 中尾誠
 
プロフィール
コラム
 
岩佐 英夫 岩佐 英夫
プロフィール
 雪深い越後の純農村で11人の末っ子として生まれ、小学生になる頃までは、時々布団に「世界地図」を書いて母に尻をたたかれていました。一応「戦中」生まれ(1943年)ですが、戦争の直接の記憶はもちろんありません。生まれた村で誇れるのは、秀麗な妙高山をあおぐ美しい田園風景、この農村に首都圏から右翼と組んで産廃を捨てにきた連中を追い出し村民本位の村長を誕生させたこと、そして銘酒「雪中梅」です。しかし、この村も今は合併され、高齢化と農業荒廃の波が押し寄せています。
 
弁護士になって─
最も心に残っているのはスモン訴訟です。すさまじいまでの薬害被害者の執念に突き動かされながら約10年間ちかく学習と運動に明け暮れ、政治をも動かす勝利の感動を経験させていただきました。投薬証明の証拠を求め病院の倉庫を一日中探し、遂に見つけたときの嬉しさは今も忘れられません。税金裁判では、税務調査の現場にも影響を及ぼした北村人権裁判の弁護団の一員に参加できたことは幸せでした。消費税仕入税額控除否認の裁判では、山科の今西さんの事件の高裁段階で帳簿書類の「保存及び提示」を認めさせ一歩前進を実現できました。
 
いま、取り組んでいる事件
  • 農協大合併に伴う徹底した組合潰しと闘う「京都農協不当労働行為事件」で、京都府労委・中労委・東京地裁・高裁・最高裁と全面勝利を勝ち取り、いま最後に残った不当解雇事件に取り組んでいます。
  • 立命館の一方的な一時金カットの支払い請求訴訟の弁護団として、立命館民主主義の回復をめざす闘いに貢献できたらと願っています。
  • 原発ゼロの日本をめざし、大飯原発差止め請求訴訟の弁護団に参加しています。
  • 住民運動では、伏見の大岩街道の産廃をなくす運動や、城陽「あらすの農地」を守る運動に参加しています。
今年の抱負
 「トランプ旋風」が世界を巻き込んでいます。その根底に「格差・貧困の拡大」と指摘されています。私たちは今、歴史の転換点にいると多くの人が実感しています。
 日本の安倍内閣は、安保関連法(戦争法)を強行しただけでは満足せず、さらに明文改憲、最終的には憲法9条改悪を狙っています。
 「憲法9条は素晴らしいけど、"丸腰で大丈夫"?」という疑問に具体的に応えられる力を身につけたい! これが今年の最大の願いです。



home